1998年のフランス大会において68年越しの
悲願のワールドカップ初出場を決めた日本代表であったが、

期待はときにプレッシャーに転じる。

は日本サッカー界歴代でも最強の選手の1人だった。 期待は同時にプレッシャーとなり、中田選手ですらほとんど貢献できないまま、日本は3連敗で、史上最速記録で一次リーグを敗退した

4年後、日本代表チームは日韓共同開催の舞台で、その真の実力を見せつけた。 ベルギー、ロシア、チュニジアといった強豪ぞろいのグループで順調に勝ち進んだものの、準々決勝のトルコ戦を惜しくも逃し、ベスト16という結果で大会を後にした。

続いて2006年ドイツ大会の出場権を得たが、1998年大会と同様に、グループリーグ突破を果たすことなく敗退した。 南アフリカ大会では再びベスト16へと駒を進めたが、パラグアイとのPK戦を制することはできなかった。

All the coverage via our FIFA World Cup 2014 microsite

comments powered by Disqus